デイケア室

お菓子作り

11月6日(金)

 デイケアではお菓子作りを希望するメンバーを募集し、月1回お菓子作りをしています。メンバーとスタッフでどんなお菓子を作るか話し合い、今月は「ピーチパイ」と「氷ミルクコーヒー」に決定しました。

 当日、秋の味覚「リンゴ」の差し入れがあり、予定を一部変更しパイの中にリンゴも入れちゃおうということになりました。

 作り方をスタッフに聞きながら、リンゴのコンポートやカスタードクリームをメンバー同士協力しながら作り、缶詰の桃と一緒にパイで包み焼き上げました。

 午後の試食会では、ボリュームたっぷりで甘い『ピーチ・アップルパイ』とコーヒー氷にミルクを注ぐほろ苦い『氷ミルクコーヒー』をおいしくいただき、満足げなメンバーたちでした。

 

 

 

 

 

 

木曜サークル

 この日はフライドポテトを作りました。

 今回、初めての試みで事前に2㎏の冷凍フライドポテトを購入し、味付け用に塩とマヨネーズ、トマトケチャップを用意しました。始めはポテトの量の多さに食べ残したらどうしようと心配しましたが、調理中のおいしそうな匂いやポテトを揚げる音に皆さんの空腹感が高まり、アツアツの揚げたてフライドポテトに目の色を変えてそれぞれ味付けし「美味しい。」「もっと食べたい。」と言いながらあっという間に食べてしまいました。

 その後の昼食を食べれるか心配しましたが「別腹だから大丈夫。」「ポテトをあんまり食べなかったので食べるよ。」と言い、昼食も完食している人がほとんどでした。

 木曜サークルでは登録メンバーの希望を聞きながら計画し毎週木曜日の午前に活動しています。

 

 

 

 

 

 

デイケア遠足『城ヶ倉大橋』

10月5日(月)

 今月はデイケア遠足で城ヶ倉大橋に紅葉を見に行きました。

 数日前まで遠足当日の天気予報はずっと雨でしたが、当日朝にはみんなの願いが天に通じ予報の雨は消えていました。とはいえ、どんよりとした曇り空で山は雨が降っている可能性もあり、各自しっかりと防寒対策をして出発しました。行きのバスでは窓から見える木々を見ながら、山はどのくらい紅葉が進んでいるか予想したり、期待に会話も弾んでいました。

 城ヶ倉大橋に到着し、バスから降りると、想像以上の寒さと橋の上の風の強さに早くも切り上げたい気持ちが大きくなりましたが、「寒い。寒い。」と言いながらみんなで橋の半ばまで大移動。まだ少し時期が早かったですが所々に赤や黄色のきれいな紅葉の景色を見ることができました。橋から下をのぞきこみあまりの高さに腰が引けるメンバーや寒くて早々にバスに戻ってしまうメンバーもいましたが、数名は壮大な景色に感動しながら時間いっぱい散策してきました。

 お昼ご飯は道の駅いなかだて『弥生の里』でお弁当をいただきました。おかずも豊富でボリュームのあるお弁当でしたが、食べ終わると早速そばやラーメン、デザートを追加でいただくメンバーもいました。お腹がいっぱいになったところで外を散策したり、お土産を物色したりしました。その頃には天気も回復し寒さも和らいでおり、思い思いに野外でのんびりした時間を楽しみ、気分転換ができました。

 

スポーツ大会

 例年出場していた青森県障害者スポーツ大会が今年はコロナウィルスの影響で中止となり、メンバーから「残念だ」という声が聞かれる一方でデイケア内での代替大会の開催希望の声が上がり、アンケートを取り競技種目を決めて9月23日から25日の3日間でスポーツ大会を開催し初日はバドミントン、2日目は卓球、最終日はバスケットボールフリースローとソフトバレーボールを行いました。

 メンバーは普段練習している成果を思う存分発揮し、気持ち良い汗をかきながら熱戦を繰り広げていました。ギャラリーからの応援にも熱が入り、得点が入った時やミスした時は会場が割れんばかりの声援が飛び交っていました。また、普段は運動プログラムに参加していないメンバーも参加し予想以上の機敏な動きにメンバー、スタッフ共に驚きました。

 大会結果は個人戦であるバドミントン、卓球、フリースローではⅠさんが優勝を独占し3冠となりました。大会後は参加賞と各順位の賞状と景品を貰ってホクホク顔で帰宅されていました。メンバーからは「楽しかった」、「またやりたい」と好評で次回開催への励みになりました。来年はコロナウィルスが落ち着き、本来の大会が開催されることを願っています。

 

納涼会

8月28日(金)

 暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今年は夏らしいイベントが軒並み中止になり残念な思いをしていましたが、デイケアあゆみではコロナ対策も行いながら例年より規模が縮小となりましたが『納涼会』を開催しました。

 暑い日でしたが、朝からメンバーみんなで協力して昼食の準備や会場づくりを行いました。昼食は出店形式で、から揚げ、たこ焼き、焼きおにぎり、生姜みそのこんにゃく、きゅうりのからし漬けを棒にさした人気の「きゅうり様」、アイスフルーツなどをいただきました。流しそうめんコーナーでは各種麺類の他にウズラの卵やラッキョウ、白玉団子など変わり種もあり楽しみながらおいしくいただきました。

 

  

 午後のゲーム大会ではヨーヨー釣り、輪投げ、千本引き、射的を行い、会場の体育館は縁日のように楽しい雰囲気でした。一番人気の射的では、景品に狙いを定めスナイパーの様に真剣な表情で的を狙うメンバーたちの姿がとても印象的でした。ゲームの後はカットフルーツやタピオカミルクティーをいただきながら話に花を咲かせていました。

 

木曜サークル

 今回の木曜サークルでは新しく購入した「ジューサーミキサー」で野菜ジュースを作りました。これまで使用していたミキサーとは違って、飲みやすさが特徴でメンバーからも「喉越しが違う」「飲みやすい」とおかわりしていました。残った野菜の繊維質でお好み焼きを作ったところ、ふわっとした焼き上がりで「おいしい」「お腹いっぱいになり昼ごはんが入らなくなる」と好評価でした。

 木曜サークルでは登録メンバーが意見を出し合って予定や材料を決め、材料の購入、調理、後片付けまで協力して行っています。今後もバリエーションに富んだサークル活動を行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アロマ講座

8月4日(火)

 デイケアあゆみでは、毎月1回講師を招いてアロマ講座を行っています。

 今月は『ラベンダー祭り』ということで4種類のラベンダーについて勉強しました。ラベンダーの種類により香りも違い、参加したメンバーは自分好みの香りを見つけ話が弾んでいました。今回は『ラベンダー祭り』だけあって内容も盛りだくさんでした。講師の先生の指導の下、ラベンダーのドライフラワーをかわいい花束にしたり、自分好みのラベンダーのアロマで石鹸を作りました。普通の丸い石鹸では満足せず、器用にハート形の石鹸を作り上げるメンバーもいて楽しそうにそれぞれのできあがった作品を披露していました。作品作りの後はアロマのホットタオルを首元にあてリラックス。最後に恒例のハーブティーを飲みながら、思い思いに感想を述べていました。アロマ講座の後はアロマの香りが棟内にいっぱい広がりとてもいい気分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉祭り

 毎年7月下旬に恒例となっていたバーベキュー大会ですが、今年はコロナウィルスの影響で外出行事が中止となり、変わりに棟内で肉祭りを開催しました。

 当日は朝から気温と湿度が高く棟内のエアコンや扇風機、送風機を使い水分補給を促しながらメンバー全員で調理、炭火、会場設営、装飾の各役割に分かれて協力して準備を行い、時間通りに「肉祭り」を開催することができました。メニューは事前にアンケートをとり、焼肉丼、豚の角煮、鶏の野菜巻き、もつ煮、フランクフルト、炭火で焼いた牛カルビと鶏ネックを用意しました。肉が苦手な方には焼きそば、海老フライ、春雨サラダ、レンコンサラダ、ポテトサラダ、キャベツ千切り、デザートにロールケーキ2種類とフルーツパンチを準備しました。「いただきます。」の後は好きなおかずをお腹いっぱいになるまで食べ満足していました。「ごちそうさまでした。」の後に後片付けを全員で協力しスムーズに行うことができました。午後はチーム対抗で「お肉にまつわるエトセトラクイズゲーム」を楽しみました。牛、豚、鶏の部位や歴史などバラエティーに富んだクイズに各チームで話し合って答えていました。ゲーム終了後、チームごとに景品をもらいホクホク顔でした。

 今年はこのような形で開催することになりましたが、メンバーからは「楽しかった。」「来年もやりたい。」などの感想をいただきました。来年はコロナウィルスが終息して外出行事としてバーベキュー大会が開催できることを願っています。

 

 

 

 

 

七夕

 レディースサークルで七夕の飾りつけをしました。

 毎年恒例の七夕飾りなので、どんな飾りがあったか思い出しながら先月の後半から準備していました。

 当日は少し作りすぎた飾りをどんなふうに棚に飾るか話し合いながら配置していきました。星がちりばめられた天の川をバックに彦星と織姫、笹には折り紙で作った吹き流しや貝つなぎ、そしてみんなの願いを込めた短冊と、とてもにぎやかに飾りつけられました。 今年はあいにく天気が悪く夜の星を見ることはできませんでしたが、みんなの願いが叶うように祈っています。

 

 

 

 

 

お好み焼き

 今年2月から、土曜日の午前ショートケアを行っています。始めた当初はスポーツをメインに行ってきましたが、回数を重ねるうちに活動の幅に広がりを見せています。スタッフの人数に制限があるため一つの活動しか行えませんが、メンバー間で意見をまとめて生活支援プログラムとして買い物や調理なども行っています。

 この日はお好み焼きを作りました。お好み焼きは何度か作っているため、ホットプレートで焼く分量を調整したり、焼き具合を確認しながら上手に行っていました。材料を余すことなく作ったお好み焼きは完食し、お腹いっぱいになりながら後片付けも作業を分担し協力して行いました。