お知らせ

他施設交流会

 色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。デイケアあゆみでは、聖康会病院デイケアぶどうの樹の皆さんをお招きし、交流会を行いました。

 会食と運動会を行い、会食では6種類の具を自由にかけて食べる“丼ものバイキング”を行いました。かつ丼や照り焼き丼、麻婆丼などの具を、ミックスしてみたり3色にしてみたりと、オリジナルの丼ぶりを作りお互い見せあいながら会話をし、楽しい時間を過ごしました。メンバーとスタッフで協力して作った昆布、煮干し、花鰹で出汁をとった味噌汁も大好評で、多くの方がお代わりをしていました。

 午後は、両施設のメンバー・スタッフ混合の4チームで競う運動会です。少しルールに工夫を加えた、借り物競走や玉投げ競争、パン食い競争などを行いました。各チームでメンバーと協力して勝利を目指します。サイコロの目によって何個も借り物を探さなくてはいけない方や、パン食い競争で当たりが出て、もう1回パンを取りに行かなければならない方など、大変だけど笑いが絶えない運動会でした。特に最後の競技として行われたスタッフ対抗キャタピラリレーは大盛り上がりでした。各チームのスタッフ2名で行うリレーで、参加したスタッフは一生懸命キャタピラの中で這い這いします。膝の痛みに耐えながら頑張るスタッフの姿にメンバーの応援にも熱が入ります。競技終了後、息も絶え絶えで喘いでいるスタッフを見て、皆さん大笑いで喜んでいました。

 メンバー・スタッフ共に楽しく充実した交流会となりました。

10月の土曜外来担当医

再来・新患
10月6日 冨田
10月13日 宮﨑
10月20日 久保
10月27日 坂本

就労支援プログラム

 9月2日(日)、新青森県総合運動公園マエダアリーナで第26回青森県障害者スポーツ大会バレーボール競技が行われ、デイケアあゆみからも“あゆみファイターズ”が出場しました。

 この日に向け、5月から週3回集まりながら、4カ月間練習をしてきました。監督とメンバーで相談しながら練習メニューを考え、試行錯誤しながら頑張ってきました。

 今回はデイケアで行っている就労支援プログラムを2つ、ご紹介したいと思います。

 まず1つ目は「就労支援セミナー」です。ハローワークの職員をお招きし、講義の受講や演習を行いました。特に適性検査や求人検索、模擬面接は興味深かったようです。参加することで、自信がついたり働くイメージがついたようで、充実した3日間となりました。

 もう一つは、「わーくサポートプログラム」というものです。これは毎週金曜日、全10回のプログラムで2か月間継続的に行っています。内容としては、セールスポイントや配慮事項を含めた自己紹介文書の作成や、職場対人技能トレーニング、ワークトレーニング、就労機関の見学等です。自分の得意なこと苦手なこと等の自己覚知、職業準備性の向上を目的に行っています。

 就労するきっかけになったり、継続して就労できるよう、デイケアでできるサポートをこれからも継続していきます!

第26回青森県障害者スポーツ大会

 9月2日(日)、新青森県総合運動公園マエダアリーナで第26回青森県障害者スポーツ大会バレーボール競技が行われ、デイケアあゆみからも“あゆみファイターズ”が出場しました。

 この日に向け、5月から週3回集まりながら、4カ月間練習をしてきました。監督とメンバーで相談しながら練習メニューを考え、試行錯誤しながら頑張ってきました。

 大会当日、対戦相手は優勝候補の“青森スポーツクラブWandaji”さん。毎回のように優勝している超強豪です。「必笑」をスローガンに胸を借りるつもりで挑みました!

 試合はセットカウント0‐2で敗れてしまいましたが、メンバー全員で力を合わせて奮闘し、練習試合を含めこれまでで一番いいプレーをすることが出来ました。負けたことは悔しかったのですが、緊張する場面においても全力を出してプレーすることができたことはメンバーにとって、とてもいい経験になったと思います。

 来年の大会も、メンバー全員で練習し、勝利を目指して頑張りますので、応援をよろしくお願いします。

9月の土曜外来担当医

再来・新患
9月1日 松原
9月8日 宮﨑
9月15日 冨田
9月22日 久保
9月29日 秋山