看護部

理念

弘前愛成会病院の基本的理念に基づき、包括的で継続的な看護を提供します。
地域における看護の役割を認識し、利用者の健康と福祉に貢献します。

基本方針

  1. 利用者との相互理解を図り、優しさと思いやりのある看護の提供と自立への支援をします。
  2. お一人おひとりの安全を守り、快適な生活環境を提供します。

看護部の目標

  1. 安全で安心のできる質の高い看護を提供いたします。
  2. 多職種連携から総合的・継続的な継目のない利用者中心の看護をいたします。
  3. 皆様の視点に立ち、優しさと思いやりを基本に心豊かな感性で看護をいたします。

看護職員

看護師82名 准看護師34名 看護補助者56名

看護教育

看護部年間教育プログラム
院内研修(新人教育感染症・医療安全・精神保健福祉法・看護補助者教育医療器械使用研修・eラーニング通信教育など) 院外研修(実習指導者養成・褥瘡・感染症・精神科関連研修など)

看護学校精神科実習受入れ機関
看護大学3校、看護学校2校、准看護学校1校、通信制看護学校1校

病棟案内

病棟単位 6単位 病床数328床

A1病棟(精神科急性期治療病棟) 55床(個室34床)
  看護職員13:1 看護補助者30:1 男女混合型閉鎖病棟
急性期の集中的な治療を必要とする方に、クリニカルパスのプログラムや多職種連携会議などから早期退院をめざす病棟です。精神保健福祉士が常勤しております。
A2病棟(精神科病棟) 60床(個室20床)
  看護職員15:1 看護補助者50:1 男女混合型閉鎖病棟
精神科疾患の方に加え、内科的疾患を合併した方を治療する病棟です。看護比率を高めた看護をしています。
A3病棟(認知症治療病棟) 60床
  看護職員20:1 看護補助者25:1 男女混合型閉鎖病棟
認知症に伴う症状があって、その看護が著しく困難な認知高齢者の方に集中的な治療を行う病棟です。常勤の作業療法士がいて、リハビリプログラムを提供しています。また、精神保健福祉士が常勤し家族からの相談に対応しています。
B1病棟(男女混合型閉鎖病棟) B2・3病棟(男女混合型解放病棟)
  B病棟 精神療養病棟 153床 看護要員15:1内看護職員が半数
長期にわたり療養が必要な精神障害者が入院する病棟です。退院支援に関わる調整を行ったり、社会性の維持プログラムを行ったりしています。

 

 

 

  看護部ブログ