B1病棟

精神療養病棟 43床 (看護基準15:1)

『ひとりひとりに寄り添い いやし 支える ケア』

B1病棟 看護師長 木立 和子

 当病棟は、急性期治療は終了したものの継続的な治療を必要とする患者さんや長期に療養が必要な患者さんを受け入れ、退院支援を行っている男女混合の閉鎖療養病棟です。病棟には保護室が配置され、中庭のある空間は開放的な環境です。

 患者さん一人ひとりの「その人らしさ」を大切にしながら、患者さんの症状や個別性に焦点をあて、多職種や外部機関と連携を図りながら退院後の地域生活を見据えたケアに取り組んでいます。

 

 また、定期的に主治医や薬剤師を交えた薬のカンファレンス、専属の作業療法士や看護師による作業療法やレクリエーション、月1回定期的に開催している「元気が出る会」「栄養学習会」などの集団療法によりADL(日常生活動作)の維持や社会適応能力の回復をめざしています。

★患者さんの意欲と個性を尊重し、一緒に楽しみを見つけようと日々チャレンジ★

禁煙教室   月1回開催「元気が出る会」
 
     
中庭で夏祭り!   多職種連携会議