A1病棟

精神科急性期治療病棟 52床 (看護基準13:1)

A1病棟 看護師長 佐々木 繭子

 精神科急性期治療病棟は、精神症状が悪化した急性期の集中的な治療が必要な患者さまが入院される病棟です。集中的治療により急性症状を早期に緩和し、早期退院に向け、チーム医療を展開し、クリニカルパスの導入や心理教育、服薬指導及び服薬自己管理教育など、患者さまひとりひとりに合わせて支援を行っています。

 退院後は、安心して地域で生活を営めるよう在宅支援への橋渡しを行い、患者さまやご家族の不安を軽減し、安心して治療できる環境づくりにも努めています。