病院の特徴

dsc_0510
 
 

 弘前愛成会病院はわが国が戦後の混乱と貧困を未だ抜け出せない時代、昭和28年11月に25床の安原病院として開設されました。以来、今日に至るまで60年余の歴史を刻んできたことになります。「精神病が差別や偏見を生み出し不幸の病になっている現状を打開したい」という開設者、三浦昌武(初代理事長)の情熱と丸井清泰弘前大学初代学長および山村道雄弘前大学精神科教授の理解・協力により設立されました。その後、精神科病院開設・増床の時代から薬物治療の発展に伴う外来治療中心への流れを経て、精神障害者の人権保護と社会復帰への方向付け、ノーマライゼーション、病床数削減と社会復帰関連システムの整備、入院期間短縮・地域移行、病棟機能分化へと変化する精神医療の潮流の中で、地域の基幹病院としての役割を果たして参りました。

 医療制度全体が見直され、精神医療の軸は入院療養から地域生活支援に転換しつつあります。当院は青森県で最初に精神科急性期治療病棟の認可を得、平成15年12月より運用を開始しました。24時間体制で精神科救急に対応し、多職種からなるチームアプローチで急性期の方々に集中的に医療を提供し早期の回復を目指す治療プログラムを実施しています。療養型病棟では障害の状態を考慮し本人やご家族のニーズを大切にするきめ細やかな医療とケアを提供しています。

 平成18年4月には認知症病棟(現認知症治療病棟)を開設し、平成23年11月には青森県から認知症疾患医療センター(地域型)の指定を受けました。高齢化社会の重要な問題である認知症に対する診療体制の充実を図りました。

 平成19年9月には医療福祉相談訪問看護デイケアの機能を在宅生活支援センターとして統合し、地域移行推進と在宅生活支援の方向性を明確にしました。平成20年9月に1棟目のグループホーム、平成21年12月にはデイケア棟、平成22年8月には2棟目のグループホームを設置しました。グループホームはNPO法人が運営しています。

 精神科医療に求められる多様なニーズに対応できる外来診療機能の整備、急性期入院治療及び認知症に伴う行動障害等の入院治療の充実を図るために外来診療棟と病棟(3つの病棟と作業療法室、給食部門など)の改築・新築を平成26年から開始し、平成27年12月、これらの建築が完了しました。急性期治療病棟は55床中35床(63.6%)を個室とし、棟内にいわゆるストレスケアユニットを設置するなど、より安全で快適な療養環境への改善を図りました。