精神障害者保険福祉手帳 Q&A

question 精神障害者保健福祉手帳とは?
answer

一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものであり、手帳を交付された方は、各種の支援、サービスを受けることができます。

 手帳の等級は、1級から3級まであり、精神疾患の状態と能力障害の状態の両面から総合的に判定されます。

1級 単独での日常生活が困難な状態
2級 日常生活に著しい制限を受ける状態
3級 日常生活、社会生活に制限を受ける状態
TOP
question どんな人が対象となりますか?
answer

 精神障害のため、長期にわたり日常生活もしくは社会生活に制約がある人が対象になります。 入院・在宅による区別や年齢制限はありません(ただし、初診日から6ヶ月以上経過していること)。  ※統合失調症・躁うつ病・非定型精神病・てんかん・その他の精神疾患が対象ですが、知的障害は含まれません(療育手帳の対象となるため)。

TOP
question 申請手続きについて教えてください
answer

 住所地の市町村が申請・交付の窓口となります。申請方法は、診断書による申請と障害年金の年金証書による申請の2通りがあります。

ご用意いただくもの 診断書に
よる申請
年金証書による申請
障害者手帳申請書
診断書(精神障害者保健福祉手帳用)
年金証書の写し
直近の年金振込通知書または年金支払通知書
年金照会同意書
マイナンバーカード(または通知書)
写真(縦4㎝×横3㎝)

※障害者手帳にすでに写真が添付されている方で、更新手続きをする場合は、改めて提出する必要はありません。

TOP
question 手帳があると、どのようなサービスを受けることができますか?
answer

 精神障害者保健福祉手帳があると、国、都道府県、市町村によるものだけでなく、バスや電車、携帯電話等の割引や民間が行っているさまざまなサービスを受けることができます。

 詳しい説明

TOP
question 手帳の有効期限は?
answer

 手帳の有効期限は2年間ですので、更新が必要です。
 また、手帳の紛失や再交付については、市町村窓口へお問い合わせください。

 ご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

TOP