茸を鶏肉と合わせたヘルシー丼はいかが?

 こんにちは。ビタミンZの案内人、管理栄養士の石岡です。
外吹く風が日増しに冷たくなり、肌で秋の深まりを感じさせられる今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 今回は、前回に続き『秋の味覚』の一品を紹介したいと思います。今回の食材は『茸』です。しめじ・マイタケ・なめこ・えのき茸と、キノコの種類は数十、数百種とありますが、栄養面ではどんな作用があるのかご存知でしょうか?まず、一番の特徴が低カロリー&食物繊維が豊富!!と、言う事です。低カロリーなので、沢山食べても太りにくい食材のひとつです。また、食物繊維も豊富ですので、便秘の解消や血糖値の上昇を緩やかにする作用も期待出来ます。ビタミンB群も豊富ですので、糖質・脂質・蛋白質などの働きを助ける作用などもあります。
 そんなヘルシーな茸を鶏肉と合わせた、こんなヘルシー丼はいかがでしょうか・・・

 

秋の味覚がギッシリと!!からだポカポカ茸の丼
  「茸と鶏肉のあんかけ丼」(4人分)

材料 御飯・・・・・・・・・・・・ 800g
  鶏もも肉・・・・・・・・・・120g
  しめじ・・・・・・・・・・・80g
  エノキ茸・・・・・・・・・・80g
  舞茸・・・・・・・・・・・・80g
  エリンギ・・・・・・・・・・80g
  みつば・・・・・・・・・・・5g
  生姜・・・・・・・・・・・・少々
  しょうゆ・・・・・・・・・・ 大さじ5
  酒・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  みりん・・・・・・・・・・・ 大さじ1
  砂糖・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
  片栗粉・・・・・・・・・・・ 適量
作り方
  1. 鶏肉は一口大の削ぎ切りにします。
  2. しめじ、舞茸は根元を切り落としバラバラにほぐしておきます。
  3. エノキ茸は根元を切り落とし、半分に切ったらほぐしておきます。エリンギは、食べやすくスライスしておきます。
  4. 鍋に水を入れて、しょうゆ・酒・みりん・砂糖を入れたら沸騰させ、鶏肉を煮込んでいきます。
  5. 鶏肉に火が通ったら茸を入れて蓋をし、蒸し煮の様な感じで火を通していきます。
  6. 茸がしんなりしたら、片栗粉でトロミをつけておろし生姜を入れてかき混ぜます。
  7. 炊き上がった御飯を丼に盛り、茸あんを上からかけます。上に切りみつばをのせたら・・・・・・・・完成!!

生姜と片栗粉のトロミで体がポカポカする、この時期お勧めの丼です。

  😛 ポイント
茸はどんな茸を使用しても美味しく出来ます。肉が苦手な方は油揚げや豆腐を使用してみては如何でしょうか…

食事や栄養についてわからない事などありましたらメールにてお寄せ下さい。